So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

原発避難の生徒がいじめで不登校 [いろいろ]

東京電力福島第1原発事故で、福島県から新潟市に家族と自主避難している小学4年の男子児童が、担任の40代男性教諭から名前に「菌」を付けて呼ばれ、1週間以上学校を休んでいることが2日、分かった。新潟市教育委員会が明らかにした。

 児童は夏休み前に、担任に「同級生から名前に『菌』を付けて呼ばれているのが嫌だ」という趣旨の相談をしていた。今回の問題の前の11月上旬には、横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒が名前に「菌」を付けて呼ばれるなどのいじめを受けていたことが明らかになっている。

 市教委によると、児童は11月22日に担任から教室で連絡帳を渡された際、名前に「菌」を付けて呼ばれた。児童は24日から学校を欠席している。

 17日にも児童は担任に「同級生に嫌なことをされる」と相談していた。24日当日に両親が学校に連絡。別の教諭らが29日、クラス全員に聞き取り調査をして確認した。

 市教委の担当者は「児童から相談があったにもかかわらず、あまりにも不用意で不適切な発言だ」としている。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02H57_S6A201C1000000/


横浜の福島からの避難してきた生徒に対する、
苛めという名の恫喝虐待事件はまさに人間のクズによる蛮行だったけど、
新潟の福島児童の虐めは先生がクズということにつきる。

よっぽど福島県民がもともと死ぬほど嫌いだったのか、
それとも他人の痛みがわからないお坊ちゃまなのかは知らないが、
どちらにせよ人間のクズということにかわりはない。


ただしそれはこの件に関してであって、
ふだんはどういう教師なのか、
そのあたりがどうなのかちょっと気になる。

このときだけ魔がさしたのか、
それともふだんから人でなしなのか、
そこのあたりがちょっとわからない。


ここのところがわからないと、
正直どういう形でこの言葉がでてきたのか、
なんかいまひとつ掴み切れないのだ。


報道はときより真実よりも
「こうだったらおもしろい」という、
おかしな流れを真実としてつくることがある。


このニュースがそうだとはいえないが、
最近の報道は、
どこかで自分たちのつくりあげた、
というか「こうなったらおもしろい」という、
そういうものを先につくりあげて、
それに沿った要素だけを取り出して報道することを、
なんか妙に目にすることがある。


それを思うと、
どこまでがこのニュースの真実なのか、
ちょっと正直推し量れない。


単純に教師がクズだったのか、
それとも…。


デリケートなニュースだけに、
かつての民主党のようなあさはかな判断だけはしたくない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

江の島シーキャンドルライトアップ [小さな旅(Japan small travel)]

詳細は
http://enoshima-seacandle.jp/event/2015/shonannohouseki/lightup.html

たいへん混んでましたが、
特に展望台(シーキャンドル)は大行列で<
いつ入れます事やらです。

自分は高いところがダメなので別に関係ないのですが…。

a001.jpg
a002.jpg
a003.jpg
a004.jpg
a005.jpg
a006.jpg
a007.jpg
a008.jpg
a010[.jpg

特に17時と同時にいきなりイルミネーションが一斉につく瞬間は見ものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「アニメファンみんなが選ぶベスト100」途中経過をみて。 [アニメ]

東京アニメアワード2017の
「アニメファンみんなが選ぶベスト100」
http://vote.animefestival.jp/
の途中経過をみて、
ちょっと「うーん」となってしまった。

TOKYOUANIME3.jpg

特に上のそれ。


これをみたら、
「君の名は。」を観た人や、
その興行収入を知ってる人は、
どういう反応をするんだろう。


「これだからアニオタは」

と軽蔑や鼻で笑う人たちが少なからずいるだろう。


ただ自分はそんなことよりも、
確かに投票のしかたにちょっと問題はあるけど、
こんなに見てる人が少ない…、
もしくは他の作品に比べ感銘も印象も低いのだろうかと、
ちょっと不思議に感じてしまった。

それともアニメアワードのさす「アニメファン」って、
そんなに超限定的なのだろうか。

そういえば「君の名は。」を見ている人が、
ふだんは何をみているのか、
またアニメでは何が好きかという、
そういうアンケートをとってるのをみたことが無い。


自分が見落としているのかもしれないけど、
このまえのNHKの番組でもやっていなかった。


この空前ヒット作のそれを、
こういう面からみる必要もあるのではないだろうか。

できれば万単位のアンケートを、
どこか実施してくれないだろうか。


なんとなく予想はつくけど、
ぜひこのあたり一度結果をみてみたい。

またそれを映画館でとったものと、
聖地でとったものと比較すると、
さらに面白いものがみえてくるかも。

ただなあ、
もうやるとしたら遅いかなあ。

どこかやってないだろうか。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「劇場版 艦これ」雑感 [劇場公開アニメ]

kkore.jpg

TV版が残念な出来になってしまったこともあり、
行くか行かぬか迷ったけど、
映画の日ということもあり観に行った。


結論から行けばTV版よりはるかにまとも。

何処で誰が何をしているかということはもちろん、
世界観や状況説明、
さらには一部登場する艦娘の名前の明記や、
作戦展開等地図をしっかりみせることでわかりやすくするとか、
かなりこのあたりTV版での問題点が修正されていた。


絵の方はTV版でも頑張っていたので、
こちらも出来としてはかなりいいものになっている。


というわけで予想よりはよかったのですが、
この先はネタバレ込みとなるので、
ちょっとシビアなことも書きます。


話としては吹雪の過去と今、
睦月と如月の話の、
この二つが大きな柱となっているが、
そのベースに艦娘が何者なのかというものがあるので、
そのためひじょうに安定感のある、
しっかりとした展開になっている。


ただ本来は吹雪がメインストーリーで、
如月の方はそれより一歩下がったテーマだったのだろうけど、
観ている方は如月の話の方が印象にのこってしまった。


これがもし吹雪が如月と、
睦月を介さず深海棲艦のことを話し合うエピソードがあれば、
この印象の差はかなり変わっていたと思うし、
ここが直接繋がると、
より如月と吹雪の苦悩とこれからというものが、
説得力が増したような気がした。

それが各々が自己解決させてしまったような形になったため、
1+1が3や4にならなかったのはちょっと残念。

また鉄底海峡で吹雪が決着つけたあたりからラストまでが、
妙にすっきりしてしまっていて、
このあたりもう少し丁寧に運んでもよかったような気がした。

ラストの如月もあれだと現実なのか想像なのか、
見方によってはいろいろと別れてしまうため、
吹雪があそこまでハッキリと決着をつけたことを思うと、
如月のそれももっとしっかり描いた方がよかったと思う。

ただそれをやるとさらに吹雪話の印象が薄くなるので、
やはり前述したように、
如月と吹雪の間でひとつラインをつくっておけばと、
そこのところがちと悔やまれた。

そうしたら話にさらに厚みが増し、
より本質的かつ感動的なラストになったような気がしたのですが…。


あとこれは今言ってもしかたないけど「艦これ」のアニメ化のこと。

最初に劇場かテレビのスペシャルで60分ものをつくり、
それからTV版をつくっていれば、
ああいうかんじのものでTV版がつくられたとしても、
TV版があそこまで叩かれることはなかったような気がしたし、
その後で今回の劇場版をつくっていれば、
それとの対照ということも手伝って、
より奥深いものになったような気がした。

このあたり、
けっこう同じことを考えている人がいるのではないだろうか。


とにかくこの劇場版、
いろいろとまだ粗い部分があることはあるけど、
あのTV版からよくここまで立て直したなあと、
そっちの方にとにかく感心。


下手なドラマを極力外して、
動くキャラと話のポイントを絞り込んだ勝利ともいえるし、
ちょっとやり口としては、
「シン・ゴジラ」における慣習の排除に、
どことなく似たような感触も受けたけど、
大人数のキャラを使う場合のそれとしては、
ベターな選択だったという気がする。


なんだやればできるじゃないかという気がした今回の劇場版。

これで二期は多少外しても許されるかも。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「ガルパン超長大雑感」についての御礼 [ガールズ&パンツァー関係]

劇場版「ガールズ&パンツァー」超長大雑感
http://orch.blog.so-net.ne.jp/2015-11-23

劇場公開の数日後に最初にupしてから、
翌年の6月末までのじつに七か月に渡って書いたこの項目が、
このサイトとしては桁外れのアクセス数を出しています。

しかも毎日二桁のアクセスが今でも続いています。

正直長期間に渡ってダラダラと書いているので、
同じことを重複して書いてるところもあるけど、
微妙に書いてることが違うのでそのままということで。


あまりにも長すぎて、
途中で頓挫してしまった方も少なくないだろうし、
呆れて途中でやめてしまった方いると思います。

でもそれでも感想を書いてくれたり、
評価してくれている方もいるので、
まったくダメダメな内容でもないのかも。


劇場公開されて一年経ち、
当然こちらのこの項目も一年経ったけど、
未だにアクセスされている方がいることを思うと、
このまま流すというのも申し訳ない気がし、
ここであらためて、
今まで読んだり見たりしていただいた方すべてに、
あらためて心から感謝の意を表したいと思います。


ほんとうにダラダラと長くてまとまりのない項目ですが、
読んでいただきありがとうございます。
心から御礼申しあげます。

最終章も公開されたら感想をupすると思いますが、
おそらくここまで巨大になることはないと思いますので、
そのときはこちらもよろしければ気にかけていただくとうれしいです。



しかし…、

まさかとは思うけど、
これ関係者とかみてないですよね。

相当好き勝手なこと言いまくったので、
読まれたらかなり笑われるだろうなあ。

特にバンダイの人には読まれたくない。
正体わかっちゃったらけっこう恥ずかしいものです。


以上で〆

015.JPG

以前撮影した大洗の初日の出。

大判サイズでは初のupです。お礼としてupします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「きんモザ Pretty Days」をキャパ400のスクリーンでみる。 [劇場公開アニメ]

km01.jpg
「きんいろモザイク Pretty Days」

すでに公開して三週たつけど、
ここにきて横浜のいつも行く映画館で、
なぜか一度だけいちばん大きなキャパで上映されることになった。


予想外のイベントなので、
これにちょっと行ってみた。

400キャパということで、
最初はガラガラかと思ったけど、
思ったよりは人が入っていた。


まあ別に「ガルパン」や「シン・ゴジラ」のように、
戦車が撃ってきたり、ゴジラが熱戦吐いたりとか、
そういう類のシーンは無いので、
別にこういう大きな箱だからということはあまりなかったけど、
やはり大きな所でみると、
なんか雰囲気が違うというか、
50分の作品なのに、
なぜか二時間大作ものをみているような、
不思議な感じがみているときにしてしまうのが面白い。


またTV版よりもBGMがかなり贅沢に使われているせいか、
シアター内での音楽のそれが、
ちようどいいくらいのかんじで拡がっていて、
なんとも心地いいものがあった。


作品の内容は中学時代の高校受験の話と、
文化祭の演劇の話がメインとなっていて、
それが綾の視点で描かれていくといったもの。

主要キャラ全員集合の、
なかなか豪華な内容で、
ファンにはなかなかのものになっている。


しかしこういう「大きくない」作品を、
こういう「大きな」とろこでみるというのも、
またいつもみてるそれとちょっと違ったいいかんじがする。

何かのめぐり合わせで、
この時期こういう400キャパの上映とあいなったと思いますが、
たまにはちょっと場違いかもしれないような作品を、
こういう大きなところでまたみたいなと思った次第。

なんか得したようなこの日の上映でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

いい人すぎるユーリ・プリセツキー [アニメ(2016放送開始)]

「ユーリ!!! on ICE」

今話題のフィギュアスケートのアニメ。

正直、
天才ヴィクトル・ニキフォロフに翻弄される、
素直なメインキャスト達という感じで、
フィギュアスケート抜きでもかなりたのしめる作品となっている。

その中でも異彩を放ってるのが、
もうひとりの主人公、ユーリ・プリセツキー。

出てきたときは、
喰えないというか、
かなり尖がってる横柄な奴だったけど、
長谷津にきてから、
素の部分がいろいろと顔を出し始めている。


それをみてると、
主人公の勇利同様かなり人付き合いが不器用、
自分に馬鹿正直で、
しかもとにかくじつはかなりいい人だということ。

Y01.jpg
長谷津でこのときの表情もそうだけど、
会ったばかりの人のアクシデントにすぐ対応したり。
Y02.jpg

最初は「ユリオ」と呼ばれることに嫌悪感をしめしていたのが、
いつのまにかその呼ばれたのが気に入ったのか、
それともそういうきさくな対応をされたことがなく、
そんな接し方が心地いいのか、
いつの間にかそれに本人もなじんでしまってるのがなんとも。

長谷津で勇利に「4回転サルコウ」を教えてほしいと言われた時、
「ユリオ」とよばれたにもかかわらず、
手をあわせてお願いされたからかもしれないけど、
なんと手本をみせただけでなく、
勇利ができないのをみるともう一度見せてやろうとするなど、
こいつどこまでいい人なんだと正直びっくり。

Y03.jpg

これから勝負する相手にふつうそこまでするか?
というくらいの対応。

まあ誰にでもということではないのかもしれないけど、
なんか言葉とやってることが妙にアンバンスでかえってほほえましい。

その後爺ちゃんとあったときのそれもあれだし、
Y04.jpg

大会のSP直後にとんできたこれが頭にハマったとき、
Y05.jpg

動揺したのはわかるけど、
それをつけたまま結果をみてるのもまたなんともで、
なんかみてて笑うしかない。

正直自分の抱いている己のイメージと、
ファンが自分に抱いているイメージがとてつもなく離れているそれに、
このシーンが集約されているのかもしれないけど、
それに不器用に乗っからざるをえないその姿は、
いろんな意味でほんとにいい人という感じだ。


おそらくこのキャラがいなかったら、
かなりふつうのスケートもののアニメになってしまったかんじで、
とにかく一見型破りだけど、
じつはちょっといい人すぎるし、
勇利同様不器用で真っすぐ、
ただしそれ以外は正反対という、
なかなか面白いキャラという感じ。

とにかくかなりいいキャラクターです。

そして第9話。

もういい人全開でした。
YY01.jpg
YY02.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

カメラータ・ザルツブルクの演奏会に行く。 [クラシック百物語]

34251_1.jpg

【日時】
11月26日(土)会場:神奈川県立音楽堂
【演奏】
カメラータ・ザルツブルク
【指揮】
ハンスイェルク・シェレンベルガー

【曲目】
モーツァルト:ディヴェルティメント第11番ニ長調 K.251
モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622(CL / アレッサンドロ・カルボナーレ)
モーツァルト:交響曲第40番ト短調 K.550


井上道義さんのショスタコーヴィチと最後まで迷ったものの、
横浜でこちらに行くことに決める。

ホールは8~9割ほど入っていたようにみえたが、
横浜の映画館に慣れた自分にとってこのホールの座席は小さく、
また前の座席の間隔とも狭いためちょっと座りにくい。

だが演奏がはじまるとそんなことを忘れさせるほど、
そこにはまさに「楽興の時」とよびたくなるほどの、
じつに見事な音楽が展開されていった。


最初のセレナーデは終曲にあたる第6曲を最初に演奏、
その後は楽章通りに演奏というちょっと変わったものだったが、
最後がにぎやかな第五楽章で終わるということで、
これはこれでなかなかの感があった。

編成はオリジナルの七重奏ではなく、
6-5-4-3-2
という弦編成(対抗配置)。

演奏はしなやかかつ腰の強い響きが軸となり、
かなり聴き応えのある響きだったけど、
だからといって大柄なものではなく、
室内楽的な愉悦さも兼ね備えた、
少し辛口だけどニュアンスに富んだ、
生命感あふれる素晴らしいものだった。

これにはオーボエソロを担当した、
シェレンベルガーのそれも大きかった。

シェレンベルガーは指揮者の立ち位置に椅子を置き、
観客席を向きながらオーボエを吹き、
そして身体をゆらしたりアイコンタクトを交えたりしながら指揮を執ったが、
これがオケとの呼吸とじつうまくあい、
まさに「ディヴェルティメント」といった感じだった。

特に第五楽章の柔軟なテンポの変化や歌いまわしは、
これぞモーツァルトと言いたくなるほどのものがあった。

そのすばらしさを感じたのは自分だけではなかったようで、
この曲の二曲目となった第一楽章が終わると同時に、
観客席の前の方から拍手が巻き起こった。

すぐにそれをシェレンベルガーが両手で制したが、
その演奏のすばらしさに思わず拍手が出てしまったのだろう。
これは自分にもものすごく頷ける拍手だった。


それにしてもこのオケとこのホールの相性は抜群で、
最初はちょっと響きが少なく乾いた感じがしたものの、
耳が慣れてくるとむしろ音が温かくクリアに聴こえはじめ、
それがまた曲とマッチし相乗効果をあげていた。


この後、すぐにクラリネット協奏曲。

最初はちょっとクラリネットとオケが、
異質な組み合わせ的な感じがしたものの、
途中からそういうかんじはなくなっていった。

おそらくスタイルは違うものの、
狙っているものが近しいことで、
自然とある程度調和していったのだろう。

絶品だったのは第二楽章。

ソロのカルボナーレも見事だけど、
それにバックでつけるオケがこれまた美しい。

特に弱音はホールに響くのではなく、
ホールに染みわたっていくような絶妙な響きとなり、
このホールが「木のホール」であることを、
あらためて実感させてくれる演奏となった。

木管も弦楽器も、
そしてこのホールそのものも「木」からつくられている。

その邂逅と共鳴、そして調和。

まさにこのホールと演奏者でなければ不可能な演奏といえるものだった。


この見事な協奏曲の後、
カルボナーレの超絶かつノリノリなアンコールでホールが沸きに沸く。
さすがかつてはフランス国立管弦楽団、
そして現サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の首席奏者。

名前がうまそうだけど実際うまかった。

KO01.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=_Z-aP2Ie3Xo
※昨年のカルボナーレによる同曲の演奏。

このあと20分の休憩の後、後半の交響曲へ。


第一楽章はやや速めなものの、
雑に飛ばしたというものではなく、
辛口で哀しみを心の底に秘めた熱い演奏となっていた。

詩情豊かな第二楽章もよかったけど、
第三楽章のちょっと個性的なそれはなかなかのものだった。

特にやや大きめな間をその前後に置いたトリオは、
まるで風のように軽やかに流れていき、
かつてアーノンクールが日本公演で演奏した
「ポストホルン」を想起させられるものがあった。

そして熱気のこもった第四楽章。

ここで驚いたのは、
ここというときに響く中低音の力強い弦の音。

それは人数からは考えられないくらい、
大きく豊かで力強さも兼ね備えた響きで、
この演奏を大きく下支えするものとなっていた。


この素晴らしい演奏が終わり、
拍手の中アンコールで演奏されたのが、
なんとこの日最初に演奏された.K.251の終曲。

なるほどこのために曲順を変えたのかと、
このときようやくわかりました。


この後演奏会終了後サイン会があったが、
自分はこのまま帰途につきました。


この団体も指揮者も実演ははじめてでしたが、
とにかくこれまた大満足の演奏会でした。


そにしても最初にいいましたが、
ほんとこのオケとこのホールの相性がいい。

特にこのホールが「木のホール」であることを、
今日ほど実感させられた演奏会というのも、
個人的にはあまりなかったという気がします。

今回このホール初登場ということだったらしいのですが、
これを機会にぜひまたこのホールで演奏してほしいと思う次第です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

内閣府の出している南海トラフと首都直下地震の映像。 [震災]

南海トラフ巨大地震、首都直下地震の被害と対策に係る映像資料

南海トラフ巨大地震編
https://www.youtube.com/watch?v=mP6F4Uupe3U&feature=youtu.be

首都直下地震編
https://www.youtube.com/watch?v=4gaMMnHPUH0&feature=youtu.be

※地震・津波対策のページ
http://www.bousai.go.jp/jishin/index.html


最低でもこのあたりは一度見た方がいいと思う。

正直一秒後に来ても誰も文句いえないと思う状況が、
もうここ数年続いているといっていい。


自分がウォーキングや聖地巡礼するとき、
特に海岸に近いところを歩くとき、
避難経路や対策がどうなってるのか、
いつも気になってしかたがない。

鎌倉、江の島、大洗、三の浦。

自分は地元の人ではないけど、
観光者としてやはり気になったことは、
どんどんここに書いていくし、
役に立ちそうなことも書いていく。


そういえばこの前の福島沖のM7.4の直後、
このサイトの

「鎌倉駅~江の島、津波が来たらどうするか。」
http://orch.blog.so-net.ne.jp/2012-09-05

がいきなりアクセス数がけた違いに跳ね上がった。

これは熊本地震の時もそうだった。

やはりこのあたりの人たちも心配なのだ。


ただ上での拙サイトのそれは建造物を入れておらず、
しかもUPしたのがかなり以前なので、
正直心配なところもある。

そのため今年(2016)避難場所や避難ビルを中心にまとめた
http://orch.blog.so-net.ne.jp/2016-04-23
をUPしたが、
こちらもやはり多少アクセスが増加した。


このようにやはり、
何かあると情報が欲しいというのは
誰にもこれらのことが他人事ではなく、
いつくるかわからない恐怖というところが大なのだろう。

そのために得られる情報は今のうちにという、
そういうことなのだと思う。

自分もこれらの所を歩く時は、
ある程度万が一の覚悟というか心構えをしているので、
とにかく何かあったらこのブログに書き込んでいきたいと思う。

それにしても伊豆半島先端付近での、
津波20メートルというのはどうしたらいいんだろう。

また鎌倉~江の島や静岡三の浦の10メートル強の津波も大問題だ。

震度でいえば大洗も首都直下では震度6クラスという、
311かそれ以上の揺れがくるというのだから、
ほんとこのあたりはいくら事前に、
準備や情報を仕入れていても損なことはないだろう。

とにかくまずは上のリンク先の、
内閣府のそれくらいは一度みなさんに見ていただきたい。

以上です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -