So-net無料ブログ作成
検索選択

最終回をみた記憶が無い… [アニメ(2013放送開始)]

なんといっていいのだろう。
とにかくこの6月末にいろいろとアニメの最終回があったはずなのだが
最終回なのに最終回をみたという印象が無い作品が多かった。

二期に繋がるというものはともかく、
別にそういうこともないものや、
いきなり最後は配信というものがあったりとか、
とにかくなんとも盛り上がらないものばかりだった。

…というより、
最終回というものはもともとなく、
ただ単純に次回以降が無い第12話が放送された。

そんなかんじだったというところだろうか。
これからこういうものが、
特に1クールものでは増えてくるのかなあ…という、
そんなかんじの6月末でした。

ですがそんな中でも印象に残ったものが

翠星のガルガンティア
第13話 「翠の星の伝説」

見終わった後、

「これはSFじゃなくて人間の自立の話なんだ」

とひどく納得させられてしまった。

しかもチェインバーが、
じつは人間のことをじつによく理解し、
かつ最善の答えを導き出すところまで、
とにかくいろいろとつきつめ分析していたことが
ラストシーンでのコックピットを切り離し、
そして自らの最終決断に至る理由と「生きる」ことへの強いメッセージを、
レドに語り伝えていくことに繋がっていくのですが、
このあたりのそれはたしかにベタかもしれないけれど、
それだけに強い説得力のあるものだったという気がします。

10002.jpg

最後もいろいろな人間関係が見え隠れする、
なんとも微笑ましい〆でしたが、
それだけにもう1クールあったら、
さらに深みと厚みある、
より説得力のある作品になったような気がしたものでした。

しかしそれにしてもこのアニメのタイトル、
見終わってみるとむしろ、
「翠星のチェインバー」
の方がしっくりとしてしまうような気がしてしまった。

ガルガンティアの存在がいまひとつ大きく成りえなかったのは、
ひとえに1クールという尺の問題からだろう。

ちょっとそういう意味では
かつての「ブルーノア」を思い出してしまったが、
こちらの方が作品としてははるかに出来もよく感銘も深いので、
そのあたりはあくまでももっと凄くなるはずだったのに…、
という不満程度といっていいだろう。

とにかくそういうわけで今回は「ガルガンティア」が素晴らしかった、
というかんじでした。

ただできればこの作品、二期もちよっとみてみたいところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1