So-net無料ブログ作成
検索選択

「ARIA The AVVENIRE」をみて。 [劇場公開アニメ]

ARIA.jpg
http://www.ariacompany.net/

をみた。

ストーリーはいつものARIAらしい、
詩的で日常と幻想がアットホーム感覚の中で同居した、
ファンの人にとっては懐かしい感覚のものとなっている。

TVシリーズのその後の話と、
過去のそれとがうまく紡がれた、
じつに心地いい作品…

…といいたいのだろけれど、
個人的にはみていて、
次第になんとも切ない気持ちになっていった。

それはラストや、
最後のスタッフやキャストのクレジットで、
さらに切ない気持ちになってしまい、
劇中の台詞も、
別の事柄と結びついて、
切ないを通り越して泣けてしまうものがあった。


どうしてそんな気持ちになったかは、
すでにこの作品を観た方にはお分かりになられると思う。


とにかく作り手側のこの作品に関わったすべての方々に対する、
かけがえのない愛情と思いの丈を強く感じられた作品だけに、
その切なさもまた極まったものがありました。


十年って長いようで何てはかないものなのてしょう。

三部構成、約60分。


〆です。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 1

阿伊沢萬

ハムサブローさま。

こちらのお返事遅くなりすみませんでした。じつはこの映画のパンフレット。公開第一週の金曜日に売り切れたまま、十日すぎてもまだ入ってきません。映画館の売店には「入荷予定未定」となってますが、ちょっと特殊なケースでの公開なのでもう入荷はしないと自分などは考えています。

ただ十日経ったらそろそろもう入るか入らないかくらいのことはメーカーも映画館に通達すへきだと思います。こういうところでガサツなことやると、作品にもちょっとつまらないものをつけてしまうんですけどねえ。

しっかりしてよといいたいです。

nice! ありがとうこざいました。
by 阿伊沢萬 (2015-10-12 18:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0