So-net無料ブログ作成
検索選択

「ラルフ・ヴォタペック・ライブ・イン・コンサート」というCDを聴く。 [クラシック百銘盤]

最近ブラームスとレーガーのクラリネット・ソナタの、
ピアノを担当したCDが発売となったヴォタペック。

そんなヴォタペックの放送音源をまとめたCDが出た。

001.JPG

収録曲は、

シューマンの「ダヴィッド同盟舞曲集」作品6
ラヴェルの「夜のガスパール」
バルトークの舞踏組曲
カプースチンのアンダンテ

というもので録音は最初の二つが2002年、
バルトークが2003年、
最後が2013年というもの。

2013年のものが音質がいまいちだけど、
あとはそこそこ良好なものとなっている。

十年ほど前のものがほとんどということで、
今の熟成した味わいのヴォタペックとは違うが、
勢いと目の覚めるような鮮やかな音楽が交錯する、
じつに聴いていて気持ちのいい出来となっている。


もともとライブ重視の方らしいので、
こちらの方が本領発揮といったところか。

あいかわらずペダルの使い方がうまいのか、
音色と音質の変化が素晴らしい。

特にラヴェルのこのストレートなのに、
微妙なニュアンスをちりばめた印象が残るそれは、
この人の真骨頂かもしれない。

バルトークも曲のもつ野性味には目もくれず、
(でも民族的な部分はしっかり掴まえている)
この人の感覚による二十世紀の古典として、
見事に形成されている。


なかなか日本では彼のライブは聴けないので、
こういうライブCDはじつにありがたいものがあります。

ただあまり手に入りにくいCDらしいので、
誰でも気軽に入手できるルートで販売してもらいたいものです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。