So-net無料ブログ作成
検索選択

淡島神社に行く [沼津~内浦(Numazu~Uchiura)]

「ラブライブ!サンシャイン!!」11話。

ほんとうに不器用な人たちの集まりという感じだ。

μ'sも確かにそういう部分があるけど、
ひとりひとりの完成度が最初から高いので、
Aqoursよりもそれが目立たない。

Aqoursの場合は逆にμ'sほど各自の完成度が今は高くないので、
よりこういう部分が目立ってしまう。

今回はいちばん器用にみえた人が、
じつは肝心のところがやっぱり不器用でしたという感じで、
なんともAqoursらしい話という感じでした。

y-2.jpg

ただこれがギスギスとしないのは、
やはり地元の空気が温かいからなのかなあと。

しかしμ'sよりも大洗女子に雰囲気が近いんですよねAqoursって、
気のせいかなあ。


というわけで今回はそのAqoursの聖地、
淡島の淡島神社に行った時の話。

淡島。
auma-013.jpg

じつは以前、
内浦の避難路巡りをしたとき淡島にもよった。

ただこれはほんとたいへんだったので、
今回あらためて別にこちらに書くことにしました。

淡島にはかつてロープウェイがあったが現在は休止中。

今は船での渡航となる。

ただし島に行くには、
あわしまマリンパークへの入園料というより、
淡島入島料みたいなかんじて大人1800円を払う。

もっともホテル関係はまた別のようです。

行の船から外をみます。
a02.jpg
a16.jpg

江ノ島の弁天丸と似た雰囲気で、
数分で淡島に到着。

到着すれば中は自由行動。

最終の船が出るまでは、
何時間でも自由にいることができます。

自分はまず島を一周。
a03.jpg

こんな感じで道があるので30分ちょっとで一周できます。

風が気持ちいいです。

そしてほぼ一周したところでいよいよ淡島神社へ行きます。

この島の一番高いところにある社で、
「ラブライブ!サンシャイン!!」
にも出てきます。

神社の入口。
a04.jpg
a05.jpg

あっ、これきついかも。

とすぐ思った。

距離と高さからいって、
かなりの上りになると思ったからです。

そしてじっさいきつかった。

特に最初の踊り場までの直線の上り階段がきつい。

a06.jpg
これは二つ目の踊り場から下を撮ったもの。
右下に向かってかなりの傾斜がみえているが、
それが最初の階段。

この後もぜんぜん楽じゃない。

ときおり以下のような立て札がある。
a07.jpg
a08.jpg

片道25分というけど、
正直これはかなりの健脚者の場合だろう。

そういえば
a-0.jpg
という注意書きも最初ありました。

何度も休憩してようやくヘロヘロになりながら到着。

a10.jpg
淡島神社。

a09.jpg
そこからみた参道。

正直言います。

果南さんは化け物です。

というかAqoursも半端じゃないと思う。

ズラ丸が最初途中でやめたのは正解。


こんなの走って登ってたら、そりゃ足腰強くなります。

アニメではぜんぜんこのきつさ伝わってません。

行く人、特に慣れてない人は覚悟してください。


というわけで帰りは疲れたので、
マリンパーク等の施設はパス。

そのまま直近で出航する船に乗って帰路につきました。

その船は行きのとは違いました。
a12.jpg
a11.jpg

中にはこんなものが。
a13.jpg
a14.jpg
a15.jpg

けっきょく山登りしに行ったようなかんじでした。

因みに神社からは展望はありません。

周りは木が鬱蒼としてます。

だから台風とかの風にも耐えられるのでしょう。

この後は以前書きましたように、
長浜の総合案内所まで歩いていろいろと避難路をみていきました。


次回行くとしたらちょっと神社はバス。

いろいろとある各施設を回っていきたいとと思います。


ということで〆。


しかし10話で聞いた「ジャリ」という言葉、
おそろしく久しぶりに聞いたような気がする。

ちょっと驚いた。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 1

阿伊沢萬

淡島は、ちょっと江の島り岩屋あたりをこじんまりとした雰囲気で、個人的にちょっと気に入ったスポットとなりました。できればホテルにも一度一泊したいところではありますが…。

ハムサブロー さま、いつもnice!ありがとうございます。
by 阿伊沢萬 (2016-09-20 01:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0