So-net無料ブログ作成

迎賓館赤坂離宮一般公開に行く。 [小さな旅(Japan small travel)]

というわけで迎賓館赤坂離宮一般公開に行く。

公式サイトはこちらにあります。
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/koukai.html

というわけでいったけど、
この日は天候不順にもかかわらず、
けっこうな人手があった。

g01.jpg
正門側から正面をみる。


正面とその玄関
g02.jpg
g03.jpg
g04.jpg

玄関から正門方向をみる。
g05.jpg

主庭側からみた迎賓館。
g06.jpg

噴水池。
g07.jpg
g08.jpg

そしてここから入ります。
g09.jpg

そして内部。
g10.jpg

…といいたいところなのですが、
この画像はパンフをカメラで写したもの。

中は写真撮影厳禁です。

また手すり以外は、
廊下のカーテンやエアコンもさわってはいけないという厳しさ。

このため随所に警備と案内の方がいらっしゃいます。


因みに入場前もかなり厳しく、
金属探知はもちろん、
持っているペットボトルは、
係りの前で一口飲まなければいけないとか、
このあたりは坂下門の通り抜けをされた方なら、
なんとなくお分かりになられるかも。

この後自販機で入場券を買って中へということになります。

またこれと前後してますが、
長細い見開きのパンフも入場前に配布されますし、
音声ガイド用の機器の貸し出しもされてます。


内部は二階の一部のみの公開で、
四つの広間とホールや階段付近を、
順路に沿ってみることができます。

ただ四つだとはいえ、
ひとつひとつが凄すぎる。


とにかく贅を尽くしたつくりで仰天。

ベルサイユ宮殿等を参考にしたらしいのですが、
中に入ってただただ…という感じです。

ちょっと旧ソ連版の
「戦争と平和」の舞踏会のシーンを思い出してしまいました。

まあ、さすがにあそこまで巨大ではありませんが…。


ほんとにいいものみせてもらいました。


ただちょっと心配なことに、
当然といえば当然なのですが、
広間はともかく、
通路の天井にもスプリンクラーや報知器が無い。

もしものことがあったらどうするんだろうと、
このあたりかなり心配になった。


ただ外国の要人の方も滞在されるため、
おそらくそれに代わる、
しっかりとした監視体制や、
みえないところにセンサーなどがあるのでしょう。


とにかくなかなかいい体験でした。

次は和風別館や京都御所も行ってみたいです。
nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 1

阿伊沢萬

京都御所といい、赤坂迎賓館といい、いままでみられなかったものが、どんどんみられるようになってほんとありがたいです。個人的には大仙陵古墳(旧仁徳天皇陵)あたりもみたいものですが…。

剛力ラブ様、mangahara様、nandenkanden様、コミックン様、みな様、nice! ありがとうございました。
by 阿伊沢萬 (2016-09-20 01:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0