So-net無料ブログ作成
検索選択

新日本フィル・ニューイヤー・コンサートに行く。 [クラシック百物語]

原田慶太楼指揮新日本フィルハーモニー交響楽団
(ニューイヤー・コンサート 2017)

1.3(火) 14:00 開演/すみだトリフォニーホール

J.シュトラウスⅡ:喜歌劇『こうもり』序曲
J.シュトラウスⅡ:ポルカ・シュネル『雷鳴と電光』
J.シュトラウスⅡ:トリッチ・トラッチ・ポルカ
J.シュトラウスⅡ:新ピッツィカート・ポルカ
J.シュトラウスⅡ:ポルカ・シュネル『観光列車』
J.シュトラウスⅡ:ワルツ『美しく青きドナウ』
J.シュトラウスⅡ:喜歌劇『ジプシー男爵』序曲
アッペルモント:トロンボーンのための『カラーズ』(オーケストラ版)
※トロンボーン山口尚人(新日本フィル 副首席トロンボーン奏者)
外山雄三:管弦楽のためのラプソディー

司会/田添菜穂子

◎三階11列37番。


自分は人の話を聞いてないようで聞いてることがままある。

この指揮者の名前は以前から知ってたけど、
さして気にとめてはいなかった。

だが数か月前ここにその指揮者をとりあげるコメントをみかけた。

そのときはそれほど興味の無い素振りをしていたが、
少しこのことから気になっていろいろと調べていたら、
まもなく来日することが分かった。


日にちが微妙なところなので、
なかなか購入に踏み切れなかったが、
かなり残席がすくなくなっていたため、
12/27の夜に見切り発車で購入したのがこの演奏会。


曲目的に指揮者のセンスが問われる部分があり、
けっこうおもしろいプログラムでもあった。


ワルツがほとんどないけど、
明るく晴れやかという意味ではこういう選曲も◎。

で、肝心の演奏ですが、
指揮者はかなり自由に、、
しかも聴かせどころを上手く押さえた演奏をしていて、
どの曲もまったく飽きさせない。


どの曲も気持ちいいくらい明るく、
そしてちょっと詩的でチャーミングな部分もあって、
賑やかな部分でもただの喧騒にならないのがまたいい。

音が大きくなってもギスギスしたり力みかえったこともなく、
洗練された響きがとにかく心地よい。

指揮者のセンスのよさが最初から全開。


ただそれ以上に驚いたのが、
久しぶりに聴いた新日本フィルの弦の良さ。

以前聴いたときよりも各段にふくよかで艶があり、
これがまたとても聴いていて気持ちいいものがあった。

ただそれはウィーン風というより、
テラークの録音で聴く「シンシナティ・ポップス」のそれに似ていて、
シンシナティが活躍している指揮者だからかなと、
ちょっとこのあたり興味深い響きとなっていた。

それとも新日本フィルはここ数年弦が充実しているのだろうか。


後半は抽選会などもあり、
かなりこれまた愉しいものとなっていた。

指揮者の原田さんは、
トークをはじめとして場もちも上手く、
このあたりはアメリカで培ったものなのかなあと思ったけど、
この世代は川瀬さんもそうだけど物おじしない人が多い。

若い世代の粋の良さと逞しさをあらためて痛感した次第。

最後もちょっとしたサプライズを用意したり、
外国のポップスオケがよくやるクロージングの一発ものありと、
手慣れた感じで休憩時間20分を挟んでの二時間かっきりに、
見事にコンサートをまとめあげていた。


今回はこういう小品集を聴かせてもらったけど、
なるほど評判がいいのはごもっともというかんじで、
いろいろとまた聴かせてもらいたし、
特にリヒャルト・シュトラウスのオペラなど聴いてみたいとかんじさせてくれた。


というのもこの日演奏されたアッペルモントの曲。

なんでも管弦楽版をプロオケが演奏したのは、
今日が日本初ということらしいのですが、
これをじつに素晴らしく絶妙に聴かせてくれたからだ。


曲としてはハリウッドの映画音楽や、
劇場版の大作アニメに使われてもおかしくないようなかんじで、
そういうとても聴きやすいものだけど、
それだけに指揮者の手綱捌きが大事。

原田さんはこの曲の聴きどころを明確に、
しかもソロもとりやすいスペースをとりながら、
冗漫になることもなく、
じつにうまく山あり谷ありに聴かせてくれていた。

尚、この曲、、
じつは四つの部分に曲が分かれているらしく、
各々「黄色」「赤色」「青色」「緑色」がイメージされているため、
舞台の壁ではその部分ごとに、
該当する色を映し出すというなかなか粋な演出をしてくれていた。

因みに「青」の部分はジェームズ・ホーナー風、
「緑」はアラン・シルヴェストリ風の曲調だった。

ソロの山口さんもかなり頑張っていて、
これはこの日の掘り出し物というかんじだった。



とにかく新春コンサートらしい楽しさと華やかさ、
そして指揮者のしっかりとした実力も伺える、
とても得したいいコンサートでした。


原田さんにはまた近いうち来日してほしいものです。

…と思ってたら2017年7/29に、
神奈川フィルの指揮台に立つとのこと。

昨年の海老名のコンサートが、
横浜市民は聴けないという悲しい縛りがあったので、
これはほんとうにありがたいです。


あともちろん司会をされた田添さんも良かったから、
とてもいいコンサートになったと思います。

何も触れなかったのでダメ出しと勘違いされそうなので、
最後にあえて一言でした。



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

サンフランシスコ人

現在、米国で年中活躍する日本人指揮者は、原田慶太楼しか知りません...
by サンフランシスコ人 (2017-01-18 03:51) 

 サンフランシスコ人

7/17 原田慶太楼がシンシナティ・オペラを指揮.......

http://www.cincinnatiopera.org/song-uproar
by サンフランシスコ人 (2017-05-24 08:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0