So-net無料ブログ作成
検索選択

内浦と大洗 [聖地巡礼(Seichi Junrei)]

このふたつ、
今話題の作品のアニメ聖地だけど、
「漁港」という部分以外は、
じつはかなり対照的といっていいのかもしれない。


それは街の形状やいろいろなものの配置にもあると思う。

大洗は漁港だけでなくフェリーターミナルや海水浴場が、
かなり長い距離で展開されており、
しかも街はその沿線上に半円形に大きく広がっている。

これに対して内浦は湾内に楕円状に展開しており、
山が背中にせまってきているせいか、
大洗のように大きなスペースがあまりない。

しかも漁港も海水浴場も狭い範囲にコンパクトに収まっているため、
大洗のような大量な交通量や、
大勢の人たちを動員してのイベントも対応しかねる部分がある。
(その大洗も時として飽和状態になっていますが…)


また大洗は茨城屈指の観光を生業としているせいか、
宿泊をはじめ街全体かせかなりそれに沿って賑わっているのに対し
内浦も確かに三津シーや淡島マリンのような水族館が、
比較的近しい距離に存在していて、
それの間を中心に賑わっているような感じになっている。


だがその賑わい方は、
大洗に比べるともっと素朴で、
自分が「サンシャイン」放送直前の6月に行った時は、
一部のファン以外は、水族館の入場者と太公望以外、
じつはあまりみかけない感じだった。


ただ内浦に秋に再訪したとき、
大洗に初めて行ったときとかなり雰囲気が酷似していたことも確か。

どちらも本放送終了後ということだったけど、
大洗は今よりも巡礼者は少なく。
肴屋さんの前も仲町の商店街も、
ごくふつうの港町の昼下がりという感じで、
のんびりとした雰囲気が横溢した、
写真を撮るのもちょっと退ける部分があった。


だがその後大洗はご存知の通り、
映画がはじまるまでも人足が落ち込むこともなく、
確実にファンを顧客化し、
さらには新規開拓もしてきた。

これはその観光地としてのノウハウを、
各自のネット発信で活かしたり、
企画を次々と打ち出すことによって、
大洗の鮮度をつねに磨いてきたことにも、
このあたりとてもよく活かされていた。

以前あるところから聞いたことに、
「店づくり」「人づくり」「(顧)客づくり」
というのを聞いたことがある。

特に三番目が大事で、
「固定」ではなく「顧みられる」ことが大事という、
その言葉は今でも強く印象に残っている。

大洗はそれを街ごと今回実践し、
その成果が今の状況だという気がする。


これに対して内浦はというと、
今のところ「ガルパン」の初期状況と、
じつはそんなに変ってはいない。


大洗もじつは最初期いろいろと問題がやはり出てきた。

それは今内浦でも問題になっている部分と重なっているようだけど、
今はどうにかこうにかその部分は外見上収まっているようだ。

自分はここもそうだけど、
秩父、鷲宮、といった聖地も同じような問題を経験してることを思うと、
このあたりからいろいろと意見を聞き、
研究と対応をすべきではないかと思っている。
(すでにされているのならそれは素晴らしい事です)


特に規模や質は違うが同じ観光地であり漁港の「大洗」や、
内浦同様あまり大きく場所が展開できない「鷲宮」のやり方も、
真似をするのではなく、
内浦にあって使えそうなものは、
いろいろと試しいくべきではないかという気がする。


特に観光とは無縁の部分が「聖地」になった場合の、
そこへのフォローとビジターへの周知徹底はかなり大事で、
このあたりでぬかると、
あとあとまで街の中で亀裂が走る場合がある。

街にとってありがたいことが、
街を割ってしまう要因にだけには絶対させては拙い。


ローカルルールというものはどこにもあるはずなので、
このあたりを広くこちらにも知らせてくれると、
こちらもそれを現地の方と同じレベルでのマナーとして、
恙なく行動できると自分は思う。


訪ねる方も訪ねられる方も、
誰だって嫌な顔や気持ちで終わりたくはない、
そこの部分の認識はどちらも一致しているので、
あとはそれをどうするかということ。


このあたりは公式サイトがいちばん発信力が高いのだろうが、
「ガルパン」ではこのあたりは地元サイトの力が大きい。


このあたりの役割分担や、
どこが「内浦の顔」として発信していくのかという部分、
特にネットでのそれをどうしていくかというそれは、
焦る必要はないかもしれないけど、
そのあたりも今後詰めていってほしいと思う。


偉そうな事を言ってしまったし、
地元に地元のやり方やご苦労があるので、
そうは簡単にいかないというのが現状だと思うけど、
とにかくひじょうに魅力的、
特に自然環境が素晴らしすぎる所でもあるので、
その魅力を発信し地元が無理なく賑わうことを願う一人としては、
今後このあたりをうまくやっていってほしいと願う次第。


近いうち大洗と内浦を、
そういうことを思いながら再訪したいと思います。

そこでもしまた気づいたことがあれば、
またここに書いていきたいと思います。


あと地震の時の津波等の対応も、
内浦の観光の要所各地では、
紙媒体で配るものがあるとほんとうはいいような気がするけど、
このあたりは以前も述べているので、
ここでは提案のひとつとして。


最後にこれはそれ以前の問題だけど、
自分たちはあくまでも、

「その場所を借りて楽しませてもらっている」

のであって、

「来てやってるんだ!」

という感謝の気持ちがごっそり欠落してるようなのは絶対ダメです。

せめて食事をする時「いただきます」というのと同じくらいの、
そういう最低限の感謝の気持ちは常に心掛けたいものです。


あいかわらず偉そうなことばかり言ってすみませんでした。


ただなあ、
これ書いて今のクラシックのコンサートでの、
ときおりみかける惨状をみると、
まだ「聖地」へのビジターの方がまともなんだよなあ。


どんだけ荒んでんだか、クラシックは。


以上で泣きながら〆。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。