So-net無料ブログ作成
検索選択

「またまた爺様のゴジラか」と言われそうな「シン・ゴジラ」のDVDをみた感想。 [ゴジラ]

「シン・ゴジラ」のDVDをみた。

普段みている他のゴジラシリーズのDVDと、
同じ条件でみる「シン・ゴジラ」は、
やはり今までとかなり違ってみえた。

台詞が映画館でみているより早く感じたのは、
スピーカーやみている空間の小ささからくるものか?


また映画館でみたときには、
かなり見落としているシーンもあり、
そのせいかいろいろと感想が浮かんできた。

前書いたものと重複する部分も多いけど
今現在の感想として再度感想をここに書きます。


まずそのひとつに、
庵野監督は「ゴジラ」に強い思い入れがないせいか、
ゴジラに対して、
ふつうのゴジラファンには考えられないような、
とても斬新な解釈を施している…、
…というより疑問や不満に思ったことや、
こうしたらもっと面白くなるだろうという、
そういう部分を優先し、
かつての慣習をすべて無視したということにある。


ただその中には。
結果としてかもしれないけれど、
1954年の「ゴジラ」公開時に酷評された内容に対して、
(特にドラマや日常のそぎ落としは、
本人は時間や予算の関係といっているものの)
かなりいろいろと答えているような感じもある。


それにしてもここまで無表情というか、
無機質な感じのゴジラというのも珍しい。

これはファーストゴジラのそれを、
さらに推し進めたものだろうけど、
ファーストが最後哀れな最後があったことで、
最後に悲劇性が付加されたのに対し、
こちらは最後まで不気味な生命体として描かれていた。


特に尻尾の動きがはなはだ異色で、
ファーストも確かにゆっくりだったけど、
ここではさらに悠揚としていて、
まるで本体と別人格、
もしくは尻尾の方が本体かもというくらいの、
そんなかんじの動きを常に感じた。


第一形態が尻尾のみだったのは、
そういうことのあらわれだったのかもしれないし、
最後も尻尾の先で終わったのもそうだったのかも。

あと今回は形態を変える前に、
かならず一度動きを停止している。

それを思うと東京駅で停止したとき、
次に動くときは第五形態を尻尾からまき散らしながら、
暴れ回った可能性がある。


その前に攻撃されたために、
おそらくその機会を逃したのだろう。

また背中に貫通弾を受けたため、
このゴジラは万が一のことを考え、
尻尾にも本体の一部機能を動かした形跡がある。

尻尾から光線を出したのも、
そのあたりが関係しているのだろう。


そんなこともあり、
今回のゴジラは怪獣というより、
得体の知れない生命体という、
そんな感じを強く受けた。


背中や尻尾の先から光線を放出するなど、
口から放射能を吐いて空を飛ぶより斬新だ。


もし庵野監督がゴジラ大好き人間だったら、
ここまでゴジラを再構築することはなかったと思うし、
第二形態のようなゴジラを登場させることも、
おそらくなかったと思う。

またこの第二形態のシーンでは、
かつてみた「帰ってきたウルトラマン」でみたような、
そんな雰囲気がなんとなくあって、
ウルトラマンがここで登場しても何ら違和感がないような、
そんな感じがしてしかたなかった。


なので、
これはこれである意味新鮮だったけど、
時間が経つにつれ会わない部分も感じられるのは、
自分が昭和のゴジラ好きだからだろう。


またリアル志向というわりには、
石原さん演じるカヨコには、
過剰なまでの演技を要求してるし、
それによってドラマが単調になることは防がれてるけど、
なんかちょっと粗削りな気がする。


粗削りというとゴジラ第一形態出現前後の、
ネットアップの前後に流れていた、
それがらみの一般人と思われる短い台詞。

このあまりの棒読みは今でも違和感ありまくりで、
これでOKなのかあと、
ちょっとこのあたり不思議なものがあった。


ひとつひとつの画面の完成度は確かに高いけど、
ときおりなんか
目的より手段が前に出てしまったような感じを受けたり、
ちょっと素材のままの粗さを感じたりするのは
こういう部分にそれを感じているのかもしれない。


あと鎌倉の空の色に一貫性が無いのは、
もうそこまでやる時間がなかったのだろうけど、
このあたりDVDでも修正しなかったのは、
あまり大きな問題ではないと思ったのかも。

また同じ鎌倉での進行シーンも、
その現場とあわせてみると、
内容的に辻褄が合わないところがあるので、
このあたりはシーンの組み合わせの良さを優先させたのかも。


徹頭徹尾庵野監督色の濃い作品だけど、
ちょっと粗い部分が散見されるのをみると、
もう半年の期間ともう少しの製作費があったら、
この作品どうさらに変化したのかという、
そういう気持ちももたせるような、
そんな作品にもDVDをみてて感じさせられた。


最後に。

一言でいうと今回のゴジラはドライなゴジラだし、
余計なものを徹底的にそぎ落としたところに、
庵野風の独自のドラマをつくりあげたという事は、
ハッキリ言って賞賛すべきことだと思う。


確かに合わないところは多々あるけど、
誰がみてもかならず不満がでてきてしまう、
作り手にとっても観客にとっても、
自分をみる鏡となってしまうようなこういう題材に、
よくぞ火中の栗を拾うがごとく挑んでくれたと、
今は感謝の気持ちの方が大きい。


もちろん本人にそんな気持ちは無かったかもしれないけど、
これで以降誰もが自由にゴジラを作れるという、
ひとつの閉そく感を打破し突破口を開いたことも、
これまた大いに評価すべきだと思う。


今の所こんな感じです。





しかし光明寺からのゴジラ鎌倉上陸シーン。
あそこは富士山入れたかっただろうなあ庵野監督。
天候に前半恵まれなかったからなあ。


あと尾頭さんが「一番怖いのは人間」というセリフを受けて、
ラストのゴジラの尻尾に人間型第五形態がでていたのは、
原子力を弄ぶ今の日本人への警鐘や嘲りだろうか。

謎。


最後にDVDをみていて、
大河内内閣がどういう派閥や力関係で成り立ち、
矢口と赤坂がどういう関係なのかもなんとなくだがわかった。

おそらく官房長官が大河内の後ろ盾で、
かつては矢口の父親に世話になったか親友だったのだろう。

赤坂はおそらく大河内の懐刀みたいな立ち位置で、
もちろん官房長にも評価されているが、
矢口の力は評価しているがあまりしっくりとはいっていない。

矢口も赤坂が敵か味方か微妙な位置にいるので、
あまり得手なタイプではないのだろう。


このようにけっこうありそうなパターンなので、
このあたりよく考えているなあと思った。
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 1

阿伊沢萬

また言いたいことを深読みしたりしながら言ってしまいました。

nandenkanden様、コミックン様、banpeiyu様、nice! そしておつきあいありがとうございました。


by 阿伊沢萬 (2017-03-29 20:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。