So-net無料ブログ作成
検索選択

沼津~木負まで再度歩く [沼津~三の浦]

というわけで好天に恵まれた沼津をまた歩く。

今回も沼津~木負だけど、
経由地として千本浜公園を選ぶ。

朝七時半過ぎに沼津到着。

その後蛇松街道を行くが、
そこそこまだ桜が残っていた。

またとにかく天気かよく富士山もよくみえる。
ただ気温が夏日一歩手前まで上がるというのがちと気がかり。


などと考えながらしばらく歩いて、
交差点と合流している川沿いに南下。

観音川を渡り松林を抜けてそのまま堤防上へ。

ここがなかなかの絶景でした。
A01.jpg

この後海岸まで降りてしばらく歩いた後、
再び堤防沿いを歩きその後狩野川沿いまで行き、
欧蘭陀館さん側の堤防上へ行く。
A02.jpg

ここからの眺めは自分のお気に入り。

横でこの富士山に手をあわせて祈られてる方がいた。
自分もつられて軽く富士山に会釈。

このとき朝の8時45分頃。

観ると欧蘭陀館さんの前がすでにできあがっていた。
ある方のお誕生会にはせ参じた方たちだろう。

その後港大橋へ行く。
A03.jpg

カヌーの練習をされている方がいた。
気候もよく絶好の練習日和だろう。

このあと414号沿いに内浦へ向かう。

このとき「Aqours」や「μ's」をペイントした、
アートな車がバンバン内浦方面に走って行った。

これが休日の沼津の今なのだろう。

途中、かなり気温が上がってきたので、
樋ノ口のファミリーマートでアイスを購入。



このあと静浦の獅子浜に到着。

ここに来るとやはりテンションがあがる。

「獅子浜北」停留所の近くのゴジラ山。
A04.jpg

勝手に自分がそうよんでるだけだけど、
ここをみるたびにゴジラの頭部がそこに見えてくるわ、
頭の中はゴジラのテーマが無限ループで鳴り響くわで、
とにかくモロにテンションが上がる。

鎌倉光明寺の高台や由比ガ浜商店街でも
似たような感覚になるけど、
昭和のゴジラはやはりまた違うものがあります。


この後江浦に入り多比に来たとき、
今まで気になっていた右側にみえている護岸に行く。

A05.jpg

ここがまた最高で、
釣りにもいいらしいけどここから見える淡島がまたいい。

因みにこの護岸は、
長さが約300m以上あるとのこと。

かなり大きなスペースもあるので、
次回の「Aqours」のイベントはここでやるのもありかも。

この後狩野川放水路を横に見ながら口野に入る。

このあたりでようやく富士がまたみえる。

数日前にみた絵のような富士にこのときなりかけていた。
A06.jpg

この後内浦に入るが、
ラッビングバスが横を通り過ぎていった。

前回もこのあたりで抜かれたような記憶がよみがえる。

三津郵便局前に来ていた「浦の星女学院 キッチンカー」は、
予想通りけっこう繁盛していたが、
その先にあったセブンイレブンのレジは、
買い物をする気が無くなるくらいの大行列になっていた。

今年のGWはかなり混みそうなので、
その時期に三の浦に行かれる人は、
このあたりの対策は今から立てた方がよろしいかと。


安田屋旅館前に着く。午前11時45分。
欧蘭陀館からちょうど三時間の道のり。

そして松濤館前。
AA15.jpg

松濤館前のこのダイヤさんの看板。

好天時には津波襲来時に高台に逃げるための、
「津波避難路 内25」の方角をみていることが多い。

また松濤館そのものが「津波避難ビル」に指定されているので、
もしもの時この付近にいたらダイヤさんを思い出し、
その観ている方向や、
その看板のある松濤館そのものに即避難。

これ大事な事なので覚えておいてください。


さらにしばらく歩き長浜から富士をみる。

最近ここから富士を観るとなんか落ち着く。
A07.jpg

三の浦総合案内所入口。
AA12.jpg

この翌日がお誕生日の方。

因みに自分が初めてここに来た昨年六月にも、
この人はここで出迎えてくれました。

そのときは別の方のお誕生日の告知がしてあったため、
最初この人の名前を間違って覚えてました。申し訳ない…。

この後「なんすん重須」で特製のジャムを購入。
前回なかなか美味しかったので。

ほんと沼津は食が豊富。


ここを出た直後別のラッピングバスに抜かれる。
今日はずいぶんあちこちでラッピングバスをみかける。

この後、木負の「海のステージ」へ。

忙しそうだったので中には入らず
以前もおじゃました海岸沿いのみ行く。
A08.jpg

富士山がこの日はハッキリ見えていた。
観るとそこの浅い水辺で、
多くの家族連れがなにかやっていたけど何だろう。

潮干狩り?

そこから少し行ったところに、
木負観光みかん園があるが、
そこの前に「木負農協」停留所がある。

このとき先ほど自分を抜いた、
二台目のラッピングバスが停まっていた。
A09.jpg
木負農協停留所にて。


木負行きだったので、
ここで折り返し沼津へ行くまでの、
発車待ちをしていたようです。

因みにここはバスがエンジン切ってる時は、
けっこう近い所からもバスを写す事が可能だし、
しかも人も少ないし車の通行も少ない。

そのおかげで、
ラッピングバスを心ゆくまで撮影できる場所のようです。

じっさい通常の運航時には絶体許されない距離や場所で、
ここぞとばかりに撮影している人もいました。


この後しばらくしてここから折り返す。

長浜城址の上り口が近くにある、
「城下橋」バス停まで来たところで、
そばにあるベンチでちょっと一休み。

じつに静かで風が心地よい。

ふと上の方をみるとなんとも不思議な雲がみえた。
AA14.jpg

一瞬竜巻かと思ったけど、
積乱雲でもないところから発生するわけもないので、
さすがにそれは違うということでしばらくこれを見ていたら、
最初に自分を抜いたラッピングバスが江梨からやって来た。

なのでここでこれに乗車。

じつは最近ラッピングバスに乗ると、
外からのこのバスへの反応を見るのが楽しみ。

あいかわらずあちこちでファンにバシバシと、
外からも中からも撮影されていたけど、
今回もまた近くの車の中の女の子がこのバスに反応、
バスをみて喜びながら写真を撮っていた。

そういえばこの前も小学生が、
いろいろと反応していたけど、
地元ではAqoursはアイドルというより、
沼津発の歌って踊れる新手の「ゆるキャラ」という感じで、
かなりの部分認知しはじめているのかもしれない。

ただこれは作品もそうだけど、
地元の企業の人たちの努力に負うところが大きいし、
だからこそ地元目線的なものによって、
外からのファンへの対応だけでなく、
地元のファン育成にも一役かったのかもしれない。


このあたりはまたいろいろと専門の人が、
多角的に研究してくれることでしょう。


で、自分はそんなことを考えながら、
二瀬川の停留所で降りる。

また港大橋を渡り狩野川沿いを沼津駅に向かう。

途中再び欧蘭陀館さんの前を通る。


朝よりもさらに出来上がった状況で、
自分のすぐ横を、
翌日誕生日の方のラッピングタクシーが走って行った。

因みにこのラッピングタクシー、
かなり前に多くの方たちによって、
全日貸し切りとなっていたようです。

この時欧蘭陀館さんの側にある二つの神社にお参りする。

「新玉稲荷神社」と「川邊神社」がそれ。

「新玉稲荷神社」
A11.jpg

「川邊神社」
A10.jpg

ここにお参りして驚いたのは、
両神社ともしっかり例祭の日が決まっていること。

前者が8月13日、後者が5月16日。

こんな近い距離で例祭が決まっている社が二つあるとは、
あまり自分はみかけたことがない。

というより沼津から内浦にかけて、
かなり社が多い気がする。

そういえば水戸から大洗もそこそこ多かった。

農耕や漁業と神社がらみの信仰は、
いろいろと深く関わっているのかもしれない。

津波と神社の位置関係も気になるし、
いつか神社も巡りもやるかも。

ただその前に興国寺城も行かねば。


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

柏尾川遊歩道と鎌倉の桜をみる。 [小さな旅(Japan small travel)]

というわけでここ数日の柏尾川遊歩道と、
鎌倉の桜をみたものをまとめました。

最初が柏尾川遊歩道。

JR戸塚駅付近から柏尾川沿いに、
大船方向へ土手沿いに続くこの遊歩道の、
約二キロ程が桜並木となっている。

また対岸もこれよりやや距離は短いが、
やはり桜並木になっていて、
この時期はとにかく人手が多い。

個人的には上野公園より壮観な気がするし、
風景も多様だ。

a01.jpg
a02.jpg
a04.jpg

橋の上からも見れますし、
a05.jpg

下の川沿いの道に降りても、
これまたかなり気持ちよく鑑賞できます。
a06.jpg
a03.jpg

ただもう少し土手から川沿いに降りれる道があると、
もっと便利なのですが…。

この後鎌倉へ。
戸塚から横須賀線で十分ちょっとで着きます。

極楽寺駅前も満開です。
a11.jpg
a08.jpg

虚空蔵堂。
a07.jpg

そして圧巻が光明寺。

a09.jpg
a10.jpg
a12.jpg

鎌倉駅から歩くと30分くらいかかります。
「シン・ゴジラ」第四形態上陸シーン時、
そこの近くの高台からのシーンも印象的でした。

A00.jpg

柏尾川も鎌倉も桜は最高の状態です。

ちらほらと散りはじめているので、
今週末が最後の見頃かもです。


ところで以下はちょっと?な事をひとつ。


この日近くに猫がいたので写真を撮ろうとしたら、
猫の側にいた女性から、

「猫は撮影しないでください。」

と注意された。理由は、

「写真がネットにアップされそれが原因で猫が虐められるから。」

とのこと。

ネットにあげなければいいというけど、
現場でケチがついたものは残さない主義だし、
そもそも自分はそんなに猫には固執してないので、
その場で消してその人にその事をいい立ち去った。


だが帰宅して光明寺のサイトをみても、
そんなことは書いてないし、
またそういう類の事もネットでは、
少なくとも自分はみかけなかった。

ちょっとこのあたり腑に落ちない。


お寺の総意ならそれは尊重するけど、
そうではなくこの人だけのマイルールだったら、
このお寺の猫はそこそこ有名らしいので、
そのうち問題が起きるような気がしてちょっと心配だ。

どちらなのだろう。


〆。

nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

沼津駅から海のステージまで歩いてみました。 [沼津~三の浦]

というわけで今回は沼津駅から海のステージまで、
距離にして約17キロ。

水浜線スタンプラリー全行程と同じくらいということなので、
蛇松緑道経由で、
あちこちの桜をみながら歩いてみました。

尚、今回歩いた距離同様文章もこれまた長いです。
ご了承ください。



朝一の東京から沼津までの数少ない直通列車に乗る。

しかしなぜ朝この二本だけ沼津に乗り入れしてるか、
この日その理由の一端がようやく分かった。

通勤通学の人の三島-沼津間が凄いのだ。

おそらくそれでいつもの三両編成ではお話にならないので、
東京からの10両編成を乗り入れさせ、
混雑の緩和をはかっているのだろう。

ただそのためか、
乗っている人が半端でないことと、
駅の通路や階段の関係からか、
この日はホーム混雑のため、
自分の乗ってる電車は三島駅出発が二分遅れた。

ホームでは「黄色い線の内側まで下がって」という、
そういうアナウンスが聞こえていたけど、
とてもそれは無理というくらいホームは人で溢れかえってた。

この時駅の別のホームにはラッピング列車も見えていて、
この温度差が不謹慎だけど妙に面白かった。


沼津に着いたがここでも乗降客で大混雑。

駅を出てそのまま蛇松緑道へ向かう。
学生さんも大勢そちらに向かう。

この日の蛇松緑道。
AA01.jpg
AA02.jpg

すべてが桜並木ではないけど、
かなりポイントポイントに桜があるので、
印象に強く残るものがあります。

このあと港大橋を渡って三の浦へ。

今回はこの付近のどこのお店にも立ち寄りませんでした。

すみません。


しかしこの日の富士山はなんとも不思議で神秘的な雰囲気だった。
AA28.jpg
熱い雲を背にしながら富士山そのものはほとんど雲がかかっておらず、
しかも地肌が少し見えてた雪化粧のためか、
なにか淡く冷たく光っているようにみえた。

帰宅後横浜からもうっすらとはみえていたけど、
さすがにこれに気づいた人は横浜では少なかったと思う。


大橋を渡りしばく歩いて玉江町交差点で右折、
その後御用邸前を通り静浦へ。

静浦の金刀比羅神社も桜が満開。
AA04.jpg

獅子浜のゴジラ山
AA26.jpg

「モスラ対ゴジラ(1964)」の聖地のひとつ。
この山みるたびにテンションが上がる。

近くの津島神社に一礼してそのまま江浦へ。
AA27.jpg

江浦の住吉神社
AA05.jpg


同じく照江寺
AA06.jpg

途中にあった津波避難マウント。
AA07.jpg
高さ12メートル。

このあたりに来る津波の予想高さが8メートル、
自分はここに一時的な波高も含めると、
10mのものが最低は来るのではと危惧しているけど、
それでもこの高さならなんとかなるかもと思った。


尚マウントは下からみるよりかなり上部は広いが、
収容人員は限られているので、
避難場所がここ一択という人が出てくることを思うと、
他の避難路の方が少しでも近ければ、
こちらはあえて使用しない方がいいのかも。

このあたり難しい。


口野の狩野川放水路。
AA08.jpg

ここも見事な桜がある。
自分はここを口野放水路と書いてあるものをみた気がして、
ずっとそう思っていたけど、
正式には狩野川放水路というとのこと。

どうも自分はトンネル名と混同していたようです。

しかしなんか信濃川の大河内分水路をみてるようで、
ここも狩野川台風をはじめとして、
洪水による水害に苦しめられていたんだろうなあという、
そんな苦難の歴史を強く感じてしまった。

しばらく歩くと富士山がみえた。
AA09.jpg
ほんとこの日の富士山はなんともいえない神秘的な雰囲気で、
どとこなく広重や北斎の絵に出てくるような、
そんな感じにも見える富士山でした。

淡島付近。淡島もいろいろと桜が散在しています。
AA10.jpg

内浦の八坂神社。
AA11.jpg
沼津から歩くといろいろと有名な名前の神社にあう。
支社かどうかは分からないけど何か得した気分。

このあと内浦に入る。

今回じつは桜を観る以外にふたつの大きな目的があった。

そののひとつである気多神社に行く。

気多神社。
AA13.jpg

ビゴーが書いた「三津風景」のコピー。
ビゴー.jpg

この場所がどうも気多神社前ではないかという話をうかがい、
今回訪ねてみた。

間違いなかった。
しかもここは以前ビゴーが絵を書いた来迎寺の階段を、
完全に降りきって右を向くとまさにこの角度だった。
AA12.jpg

ビゴーはこの地がよほど気に入ってたのだろうか。

情報を寄せていただいた方に深謝。

このあとちょっと疑問に思い海沿いの道へ。

じつはこのときこの場所からだと、
富士山があまりハッキリみえないことに気づいた。

ビゴーがこのあと海沿いに北上し、
重寺の医源寺付近から、
今は無き大久保山越しに富士を書いたのは、
そんな理由からなのかもと、
このときなんとなくだが思った。

もしビゴーがこの時北上せず南下したら、
今の三の浦総合案内所付近からの富士の絵を残していたかも。

このあたりがちょっと残念だったし、
ビゴーにもそこからの風景をみせてあげたかった。

このあと一路木負方面へ桜を観ながら行く。

三津海水浴場から。
AA15.jpg

三の浦総合案内所付近。
AA16.jpg

とにかく各地桜が見ごろでした。

椎茸がたくさん。犬の名前になるのも無理からぬかも。
AA17.jpg

このあと長井崎へ行く途中にある弁天島神社へ。
AA18.jpg

ひじょうに階段が危ない。
狭いし角度がきついし不規則だしほんと危険。

ただしそれは初めの所だけで、
あとはそれほどでもない。

そういえば淡島神社の階段も、
違う意味で最初不規則かつきつかった。

何か理由があるのだろうか。

因みにここの高さは、
国土地理院のホームページの地図では、
階段を上りきると地図では13~18mというと、
そういう数値が出てくる。

ここに来る津波が、
沼津市のサイトでは9m近いものと予想されてるので、
窮余の避難場所としてここはひとつの選択肢かも。

ただそのためには階段をもっと整備補強しないと、
肝心の時階段が使用できないという最悪の事態も…。


このあと桜が綺麗だという中学校方面はパス。

理由は前も書いたけど、
特に学校が平常授業をしている時間となるとなおさらです。
やはりこのへんはどうしても気をつかう。

長井崎トンネル内。
AA19.jpg

予想以上に長いけど意外と歩道の幅があり安心。

だが…

帰りのバスの中で、
このトンネルの歩道側でない部分を歩いてる人をみた。


うっかりかもしれないけど整備された歩道があるのだから、
せめてそっちを歩いてほしい。

ジョギングしてた人も歩道側の方を走ってたみたいだし…

…などと思ってたらこれが大間違いでした。

なんと細いながらも反対側にも歩道がありました。

柵とかないし幅も人ひとりがやっとみたいなので、
完全に見落としてしまってました。


本当に申し訳ありませんでした。


このあと海のステージに。うっかり全景を撮るの忘れてしまった。

ここまであちこち寄ったこともあり、
歩いてだいたい四時間半とのんびりペース。

気温も低く、
日差しも強く無かった為ほとんど疲れない。
絶好の散歩日和だった。


ところで海のステージのあるここの場所の沖に、
かつてスカンジナビア号という船舶を利用したホテルがあった。

この船をそのまま利用したホテルです。
Skandinavia20060831.jpg
※写真はwikiより。

自分は小さい時に、
このスカンジナビア号に一度宿泊したことがある。

じつはここを訪ねたもうひとつの理由は、
そのスカンジナビア号のことを知りたかった事。

ここで当時のことを「海のステージ」の方にうかがう。

そこでいろいろと分かったことは、
やはり通路は狭かったということ。

「娯楽室」という部屋が船尾にあつた記憶があるが、
じつはこれは船首側にあって、
ビリヤード台やスロットがあったことや、
赤い絨毯が敷いてあり、
廊下から少し降りるような感じの所にあったこと、
また窓が丸窓だったことや、
朝食をとった所のホールの柱が独特だったことなど、
自分の記憶がいろいろとか確認や修正、
そして思い起こされた部分がありとても有難かったです。

本当に「海のステージ」の方には感謝です。

しかしここのアップルパイは温かくて美味しかった。


海のステージ付近からみた、
スカンジナビア号があったと思われるあたりの風景。
AA20.jpg

以前の記憶とはあまり重ならない風景だけど、
なかなか素晴らしい場所と風景なだけに、
やはりスカンジナビア号がある時にもう一度来たかった。

残念です。


このあと外に出てちょっとあちこちみてたら、
木負東口バス停にラッピングバス二型が来た。

なので思わず乗車。

噂通り一型よりはるかに押し進められていて、
徹底的な完全無欠の外装&内装だった。
AA21.jpg

内浦地区だけ車内アナウンスが違うようだけど、
どこで通常モードに戻ったかは確認しなかった。

このとき途中で大勢の下校するためバスを利用した、
小学生低学年のみなさんが乗車してきた。

このバスにどう反応するのか興味津々でみていたけど、
驚く程ふつうに接していた。

乗る前に「絵のバスが来た」という声が聞こえたり、
乗ってからも男女関係なく、
「誰が好き」とか、
それに対して「赤色の髪の子」とかいう声が聞こえ、
アニメのアイドルキャラというより、
沼津にあらわれた新手の人型の「ゆるキャラ」みたいな、
そんなかんじに受け取っているように感じられた。

そういえばバスをみている人も、
「苦笑」交じりで観ているという感じではなく、
もう日常の「沼津キャラ」というふうにみているようで、
将来的にアクアの次のグループが、
ラブライブシリーズの主役として登場しても、
アクアそのものはこの地域でうまく回せることができれば、
そこそこ息長く続いていくのではないかという、
そんな気がしたものでした。

とにかく愛されてますから、地元ではこの9人。


その後、二瀬川バス停で下車。700円。

ここから狩野川沿いに沼津駅まで歩く。

欧蘭陀館さん側の川邊神社
AA22.jpg

市場町八幡神社付近
AA23.jpg

中央公園にて。
AA24.jpg

じつは市役所付近にも行く予定だったのですが、
橋を渡った直後に気づいたため、
なんかまた戻るのもめんどくさくなって、
今回パスしてしまいました。

しかし桜もそうですが、
沼津~内浦方面は、
途中いろいろとみるものが多く飽きが来ません。

ただ金櫻神社から木村土木さんの口野ソーコ付近までの、
だいたい500mくらいの所は、
歩道も無く死角になりそうな部分も多く、
車もそこそこのスピードやってくるので、
正直ここだけはちょっと歩き難い所があり、
しょっちゅうここを…とはいかないのが残念。

口野尾高から重寺までバスという、
そういう選択肢もありますが本数が…。

徒歩15分の所をバス30分待ちというのもどうかなあと。

これは韮山駅から歩いても同じなので、
このあたりちょっと悩みのタネです。


今回はここまで。

以上です。
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

御願い。ほんと危ないから。 [聖地巡礼(Seichi Junrei)]

言葉が通じないから注意できなかったけど、
台湾を含む諸外国からきてるアニメファンのみなさん。

鎌倉高校前駅横のこの踏切で、
車道に出て写真とか撮るのは危ないからやめてください。

T-01.jpg

車もクラクションならしてたし、
事故起きてからでは遅いです。


正直気持ちは分かるのですが、
けっこう死角からも車がやってくる場所ですし、
そこそこ交通量も多い。

遮断機が下りてる時に撮ってるみたいだけど、
もう危なっかしくみてられない。

怪我とかそういう次元じゃなくて、
最悪のケースすら考えられる状況だ。

せっかく気持ちよく来日してるのに、
取り返しのつかない事故が起きて、
最悪の気持ちで帰国するなんてことはしてほしくない。


テンション上がっちゃうのは、
日本人でも大洗や沼津でもけっこうみてるので、
個人的にはある程度は寛容にできるのですが、
来てもらってる人に何か起きる危険が大の場合、
さすがにこれを見過ごせというのは無理。


何か起きてしまう前に、
あえてここで言わせていただきます。

どういう理由があっても車道に出てはダメです。

みんなが気持ちよく楽しめるよう、
マナーだけは守ってほしい。


自分は日本語でしか書けないので、
誰か訳して注意してあげてください。


ほんと超危険!

怖いです。
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ムラヴィンスキー幻の日本公演チラシ [ムラヴィンスキー]

EM012.jpg


EM013.jpg


コンサートのプログラムを整理してたら、
その中から上のようなものがみつかった。

1981年の、
レニングラードフィルの来日中止になった日本ツアーにおける、
横浜公演のチラシ。

1979年の来日公演のプログラムに挟んでいたが、
なぜ1981年のものをそこに挟んでいたかは不明。

チケットを購入したのに行けなかったものが、
なぜかこうしてチラシだけが残っていた。

おそらくハマ音で予約したとき、
チケットと一緒に同封されていたものだと思う。

貴重かどうかはわかりませんが、
記録的な意味も込めてUPしておきます。


尚この写真は、
1979年5月21日に東京文化会館で行われた。

ベートーヴェン/交響曲第6番
 ~休憩~
ワーグナー/「トリスタンとイゾルデ」から「前奏曲と愛の死」
ワーグナー/「ジークフリート」から「森のささやき」
ワーグナー/「ワルキューレ」から「ワルキューレの騎行」

というプログラムによる公演の、
その後半のワーグナー演奏時を写したものと思われます。
nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽