So-net無料ブログ作成
検索選択
小さな旅(Japan small travel) ブログトップ
前の10件 | -

片瀬諏訪神社例大祭と湘南ねぶた祭 [小さな旅(Japan small travel)]

片瀬諏訪神社例大祭と湘南ねぶた祭に行く。

比較的近場で大きな祭りが行われた。

最初が片瀬江ノ島駅から歩いて十数分の所にある、
片瀬諏訪神社の例大祭。

a-02.jpg

公式サイトには

「当神社は今から一二八〇年余り前(奈良時代)養老七年(七二三年)に信濃国(長野県)諏訪大社からの御分霊として上下両社に鎮座されました。」

http://katasesuwajinja.com/
※片瀬諏訪神社公式サイト

とあるかなり歴史のある社で、
諏訪大社と同様に、上社と下社があります。

下社
a-04.jpg

上社
この日は御神輿がその前におかれていました。
a-03.jpg

自分が上社に行くと、
ちょうど各地からの山車が集結、
その後移動していく所だったのでそれについていきました。

途中から467沿いに移動し、
龍口寺前の交差点に山車や神輿等が集合。

これはかなり壮観でした。

a-12.jpg

しかも江ノ電もここは路面電車として運行するので、
いろんな意味で賑やかなかんじでした。
a-11.jpg
a-05.jpg
a-13.jpg

このあと神輿や山車が練り歩くことになるのですが、
自分はこのあともうひとつみたいものがあったので、
小田急片瀬江ノ島から六会日大前へここで移動。


今年(2017)で第21回を迎えた、六会での湘南ねぶた祭。

http://shonan-nebuta.com/
※公式サイト

本場青森からねぶたをお借りし指導を受け運行するというもの。

もちろん規模も人手も本家とは比べ物にはならないけど、
これはこれでけっこう楽しいし賑やかだ。

駅前ロータリーを完全封鎖、
さらに駅前から駅入り口の交差点までの通りを、
300m以上封鎖するというもの。

また近くの駐車場にはねぶたや太鼓も展示されていた。

a-06.jpg

そしてよる19時出発。

a-07.jpg

こういうものもあります。
a-08.jpg
a-15.jpg

この二つは途中で記念写真がとれるように運行されます。

駅前ではこんなかんじでした。
a-09.jpg
a-10.jpg

ここ駅前でねぶたをはじめ、
参加した踊りや太鼓等も二週した後、
またさっき来た通りへ戻っていきます。

最後はこれがトリ。
a-14.jpg


この間約四十分。

このあとさらに盛り上がったようですが、
自分はここまでで終了、帰途につきました。


しかしねぶたも凄いけど、
三連の太鼓の音が凄い。

長めのバチでしかも先が丸く固めてあるせいか、
音がデカく重くしかも硬い。

a-16.jpg

これがいちばん大きな青森から来たねぶたの後からついてくる。

もちろんPAも使っているけど、
とにかくこれがかかなりの弩迫力。

しかも自然にこちらもノッてくるし高揚してくる。

自分はまだ青森や弘前で、
ねぶたやねぷたを観たことがないけど、
一度くらい見た方がいいかなあと、
さすがにこれを体験するとそういう強い誘惑にかられてしまう。


とにかくとても楽しめたお祭りでした。


ただ一部で資金不足から、
今年でひょっとすると最後になるかもという、
そういう話をたまにネットでみかけるので、
できればそうならないよう続けてほしいと強く願う次第。

来年は最後までぜひ見てみたいものです。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

三嶋大祭りと大洗八朔祭りに行く。 [小さな旅(Japan small travel)]

今年の夏はいろいろとついてなかった。

7月の初め頃に風邪と熱中症、
終りには再度風邪をこじらせ、
8月上旬まで体調は最悪だった。

そしてそれが良くなり始めたと思ったら、
今度は天候不順の連続で、
予定もいろいろと潰れてしまった。

幸い気温が下がった事で体調は幾分よくなったけど、
なんか冴えない夏になってしまいました。


そんな中、
かろうじて三嶋大祭りと大洗八朔祭り最終日に行く事ができました。

8月17日三嶋大祭り三日目は「踊り」の日。

前日伝統芸能の日は武者行列のとき、
雨が上がり天気が持ち直したということで、
この日少し安堵して三島入りしました。

今回はじめて「踊り子」を使って三島へ。

横浜から三島まで特急だとほぼ一時間。
上野から水戸まで特急で行くのとほぼ同じだけど、
なぜか沼津の方が近く感じるのは気のせい?

三島は横浜より天候もよく気温も少し高い。

駅前のこれをみてお分かりのように、
この町はほんとうに「水」が印象に残る。
a-01.jpg

桜川沿い
a-03.jpg

それより手前にある愛染院跡の熔岩塚
a-02.jpg

といろいみていると途中山車に出会う。
a-05.jpg

そして三嶋大社、お祭り一色です。
a-04.jpg
a-06.jpg

境内では流鏑馬をやってました。
a-07.jpg

これがけっこうたいへんで、
特に的が小さくなるとなかなかきついようで、
テレビでみるように次々的中とはなかなかいかない時もありました。

あとここで昔懐かしいお化け屋敷をやってましたが、
ここの呼び込みがなんともいえない名調子。

けっこうお年の方が椅子に座りながされてしいましたが、
まだこういうのがあるんだなあとちょっと嬉しかったです。
撮影不可だったのがなんとも残念。

このあと少し歩いて広小路駅方面へ。

このあたりは延々と歩行者天国で、
いろいろとお店も出ていましたが、
その道を大社から広小路に向かって次々と、
「農兵節パレード」と「サンバパレード」が通っていくので、
もう賑やかこのうえなしでした。

このパレードはかなり一般の人が参加しているので、
ここには掲載しません。

そして広小路付近。
a-08.jpg

駅の横は昔沼津まで走っていた路面電車のホームが、
そのままタクシー乗り場等に使われています。
a-12.jpg

その広小路駅方面から大社方面をみると、
これはこれでなかなか人人人…で壮観でした。
a-09.jpg
これは「サンバパレード」の復路の様子です。

a-09-1.jpg
この電車もちょうど駅に入ってきていました。

とにかく賑やかな一日でした。

このときみかけた三島のいろいろ。
a-10.jpg
a-11.jpg
a-13.jpg

といったところです。
最後の写真は伊豆国分寺塔跡で、
これは七重の塔だったとか。

今健在だったら素晴らしかったでしょう。

とにかくかなり活気のある大きなお祭りでしたが、
観光の面もあるものの、
地元の人達の祭りという雰囲気がとても色濃く、
いい意味でローカル色の強い大きな祭りといった感じでした。


そして二日あけて20日に大洗の八朔祭りに行く。

だがいきなり蹴躓いた。
常磐線が松戸で信号故障を起こし不通になってしまった。

しかたなく品川駅で様子をうかがうと、
水戸迄行く各駅や快速はなんかどんづまりで、
ほとんど出発の目途が立たない状態だったけど、
特急はどうも動くらしい。

このためこのとき品川駅に停まっていた特急を利用する。

水戸へ行くのに特急なんてほんと久しぶりだ。

だがこの特急もこのときすでに三十分遅れで、
いつ出発するか不明という心もとない状況だったが、
意外にも数分後には品川を発車、
上野で再度かなり停車したが、
上野を出て柏を過ぎたあたりからは通常走行となり、
50分程遅れての水戸着となったが、
自分にとっては二十分遅れのような形だった。

しかも遅延等のこともあってかガラガラで、
のんびりと足をのばすことができたのはうれしかった。

こういう楽なのもたまにはありがたい。

ここでさらに申し訳ないことに、
水戸駅ではりんかい線がこの電車の到着を待っていてくれたため、
結果的には遅延の影響を受けずに大洗までくることができました。

大洗駅で初めてみたポスター。
a-14.jpg

この後で磯前神社でしっかりとお参させていただきました。

しかしとても涼しい。
夏とは思えないくらいの気候でした。

大洗まいわい市場でメロンパンアイスを食べたけど、
とてもおいしかったものの、
もうちょっと暑かったらよかったのにと思った次第。

因みにアウトレットは今もこんなかんじ。
a-15.jpg

経営努力を破棄した証そのものですが、
幸いにして経営者が変わったことでリニューアルするようで、
11月にはプレオープン、
来年3月にグランドオープンとか。

まずは一安心。

ここからみる「さんふらわあ」も、
次来る時はもっと明るくみえることでしょう。
a-16.jpg

このあと磯前神社へ。

そこで山車をみかけました。
a-17.jpg
a-18.jpg

参拝したあと曲松商店街方面へ。

もうこのあたりは大混雑でしたし、
神輿も山車もいろいろとでてましたが、
逆に人が多くてけっきょく写真はほとんど撮れず、
のんびりとお祭りを楽しみました。

途中大洗連の山車もありました。
これはなかなか賑やかなでした。
a-19.jpg

そしてこの日みたいちばんのお気に入り。
a-20.jpg
午後四時からという流しそうめん。

じつはほんとは夜までみていくつもりでしたが、
常磐線がどうもあやしいので、
少し早めに退散することになってしまいました。

いやあ流しそうめん食べたかったなあ。


「八朔祭り」は「あんこう祭り」や「海楽フェスタ」と違い、
地元の信仰と密着した祭りという感じで、
これもまた「三嶋大祭り」同様、
いい意味でローカルな祭りであり、
「ガルパン」がやってくる前の大洗というか、
大洗の素の顔が垣間見られるお祭りという気がしました。


三嶋といい大洗といい、
とてもいいお祭りをみることができましたし、
冴えない今年の夏でしたが、
この二つでようやくそれも払拭できました。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

横浜能楽堂施設見学日<山の日スペシャル> に行く。 [小さな旅(Japan small travel)]

能楽.jpg

普段は平日にやっている、
横浜能楽堂施設見学ですが、
この日は特別に祝日に行い、
しかもふだんは展示していない装束も間近でみられるという、
なかなかの好企画。

http://ynt.yafjp.org/
横浜能楽堂

この日は10時と特別に19時の回も行われたが、
自分は10時の回へ行く。

前回平日にあった時は、
外国からの観光の方も含め二~三十人くらいだったけど、
この日は雨にもかかわらず
百数十人の人が来館した。

このため一度に移動できないため、
三つのグルーブに分かれてみることになりました。

あとは写真を中心に。

能楽堂入口
a01.jpg

フロアはけっこう広め。
参考図書も閲覧できるようになってます。
a10.jpg

フロア天井部
a02.jpg

二階からみたフロア
a06.jpg

一階ホール内、扉をあけるとこんなかんじです。
a03.jpg

能舞台。関東最古のものをここに移築したもの。
鏡板が松だけでなく、笹や梅も描かれているという変わったもの。
a05.jpg

二階からみたホール内。
a04.jpg

このような形になっています。

とても綺麗な会場内です。

しかしここの舞台はいつみてもしっとりとしていて、
何かちょっとした霊的なものさえかんじられます。

このあと舞台裏へ。

橋がかり横にある鏡の間。
a07.jpg

楽屋とこの日特別展示されていた装束。
a08.jpg

舞台横の切戸口から舞台をみる。
a09.jpg

このように普段みられない、
それこそ貴重なものがいろいろと見られました。

最近あまり来ていないので、
そろそろ舞台公演でもみてみたいものです。

因みにここは能狂言だけでなく、
古典芸能関係なら原則開けるといのこと。

そういえばここではありませんが、
かつて桑島法子さんが、
能楽堂で宮沢賢治の朗読会をやったことがありました。

ここでもいつかそういう企画ものをみてみたいものです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神田祭に行く [小さな旅(Japan small travel)]

というわけで今年の神田祭のようすをひとつ。

自分は日曜日のみということで。

a01.jpg

とにかく凄い人でした。
a02.jpg

いつも行くケバブ店の前もこれこのとおり。
a03.jpg

近くにあった休憩中の御神輿。
a10.jpg

神田明神前
a04.jpg

境内の中
a05.jpg
a06.jpg
a11.jpg

とにかくこんな感じで大混雑でした。
a08.jpg

二年に一度ということで、
そのためたエネルギーが一気に発散されたような、
そんなかんじでした。

大阪の「天神祭」京都の「祇園祭」とならぶ、
さすが日本三大祭のひとつといわれるだけのことはあります。

この人も初めての神田祭に大喜びのようです。
a09.jpg

しかし秋葉原でみる神田祭。

まあこれも今の日本のひとつの縮図かと。

偶然秋葉原に来ていた外国人さんたちも、
けっこう大喜びでした。



nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

柏尾川遊歩道と鎌倉の桜をみる。 [小さな旅(Japan small travel)]

というわけでここ数日の柏尾川遊歩道と、
鎌倉の桜をみたものをまとめました。

最初が柏尾川遊歩道。

JR戸塚駅付近から柏尾川沿いに、
大船方向へ土手沿いに続くこの遊歩道の、
約二キロ程が桜並木となっている。

また対岸もこれよりやや距離は短いが、
やはり桜並木になっていて、
この時期はとにかく人手が多い。

個人的には上野公園より壮観な気がするし、
風景も多様だ。

a01.jpg
a02.jpg
a04.jpg

橋の上からも見れますし、
a05.jpg

下の川沿いの道に降りても、
これまたかなり気持ちよく鑑賞できます。
a06.jpg
a03.jpg

ただもう少し土手から川沿いに降りれる道があると、
もっと便利なのですが…。

この後鎌倉へ。
戸塚から横須賀線で十分ちょっとで着きます。

極楽寺駅前も満開です。
a11.jpg
a08.jpg

虚空蔵堂。
a07.jpg

そして圧巻が光明寺。

a09.jpg
a10.jpg
a12.jpg

鎌倉駅から歩くと30分くらいかかります。
「シン・ゴジラ」第四形態上陸シーン時、
そこの近くの高台からのシーンも印象的でした。

A00.jpg

柏尾川も鎌倉も桜は最高の状態です。

ちらほらと散りはじめているので、
今週末が最後の見頃かもです。


ところで以下はちょっと?な事をひとつ。


この日近くに猫がいたので写真を撮ろうとしたら、
猫の側にいた女性から、

「猫は撮影しないでください。」

と注意された。理由は、

「写真がネットにアップされそれが原因で猫が虐められるから。」

とのこと。

ネットにあげなければいいというけど、
現場でケチがついたものは残さない主義だし、
そもそも自分はそんなに猫には固執してないので、
その場で消してその人にその事をいい立ち去った。


だが帰宅して光明寺のサイトをみても、
そんなことは書いてないし、
またそういう類の事もネットでは、
少なくとも自分はみかけなかった。

ちょっとこのあたり腑に落ちない。


お寺の総意ならそれは尊重するけど、
そうではなくこの人だけのマイルールだったら、
このお寺の猫はそこそこ有名らしいので、
そのうち問題が起きるような気がしてちょっと心配だ。

どちらなのだろう。


〆。

nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

グーグルの3Dマップで過去の道のりを上からみた。 [小さな旅(Japan small travel)]

ほんとに便利になったもので、
最近グーグルは3Dマップもあるのだという。

そこで自分は過去歩いたいくつかのそれを、
道のりも入れて3Dでみてみた。

よく歩く北鎌倉駅から江の島。
今回のそれは稲村ケ崎経由のそれ。
鎌倉江の島.jpg

10.5キロで2時間10分コース。
山から海へおりてきてそのまま海岸線というもの。

天気のいいときは気持いい。特に夏の早朝は最高です。

続いて新宿から浅草。
新宿浅草地図1.jpg

これはさっきより1キロ程長い。

新宿から靖国神社、秋葉原、上野公園、浅草寺と、
東京の過去と今が次々とみれるコース。秋の紅葉時がよかった。


そして水戸から大洗
大洗地図2.jpg

水浜線跡に沿って歩くコースで、
12キロあるがまったくの平坦地なのでそれほどきつくはない。
ただ景色は変化がそれほどない、
かつてある書物でその景色が「平々凡々」みたいに言われていたけど、
確かに間違ってはいない。

ただ次第に海風が感じられるのがここちいい。
花粉さえなければ今がいちばんいい季節かも。


そして最長コースのひとつ沼津~三の浦。
沼津三津1.jpg

江浦湾の回り込みに時間をかなりとられるのでこの時間。

ただこれは蛇松緑道を経由しているので、
ストレートに414号に早々と出るコースをとれば、
30分ほど短縮できます。

季節的には桜の季節あたりがいいような気がします。


最後に距離は短いですが新橋駅からお台場のビッグサイト。
新橋台場.jpg

ここは晴海大橋の横風が凄い。

夏なんかは涼しくていいけど、
冬は寒くて耐えられないくらい強烈。

また遠くに見えるビッグサイトが、
歩いても歩いても近づかない感じがして
精神的にちと滅入るものがあります。

築地と豊洲という今話題のそれがともにみれますが、
それ以上に来るたびにどんどん街が変わり、
オリンピックか近づいているという感じがします。


こんな感じです。

しかし世の中ほんと便利になりました。
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

元日、北鎌倉~国府津海岸へ。初詣初日の出とちょっと困った事(2017) [小さな旅(Japan small travel)]

今回急きょ大洗ではなく昨年と同じ北鎌倉~国府津海岸となった。

a01.jpg
前日横浜からの富士山。

そして年が明けて最寄りのJR駅。
a02.jpg

東海道は終夜運転はしておらず横須賀線のみ。

藤沢以西の人は小田原を除いて夜移動ができません。

本数はこんなもの。
a03.jpg

このあと北鎌倉駅で下車して円覚寺へ。
a04.jpg
a05.jpg

以前に比べて照明が増えたせいか、
幽玄な雰囲気は後退してしまいましたが、
安全面を考えるとこれはしかたないのかも。

建長寺
a06.jpg
a07.jpg

尚、元日は鎌倉のほとんどのお寺は拝観料無料です。

八幡宮はこの時間でも賑やか。午前三時。
a08.jpg

このあと由比ガ浜駅から藤沢まで江ノ電。

混んでいたけど「江の島」駅でかなり降りる。
片瀬海岸の初日の出をみるためと思われる。

a09.jpg
藤沢駅では初詣列車。鉄道ファンが大勢いる。
自分もそれに混ざって一枚。

このあと国府津下車。

ここで困ったことが起きた。

なんと今まで海岸に降りられた道か無くなっている。

これは降りられないのかと思い、
二宮方面に歩くこと数百メートル。

諦めかけていたらようやく下に行ける道を見つけた。

夜明け前の国府津海岸。
a10.jpg

このあとほんとうにここしか降りる所が無いのかと、
今度は海岸を国府津方向に戻る。

そうしたら鴨宮方面に、
以前降りられた場所から数十メートルの所に、
スロープ式の綺麗な降りられる場所があった。

確かに今までのあれは暗いと少々危ない。

なのでこれはいいことかもしれないけど、
もう少しわかりやすくその場所への誘導板などを設置してほしい。

確かにあることはあったけど、
暗い時はまるで見えないし、しかもある場所が悪いし、
書き方もちょっとわかりにくい。

できればかつて降りられた場所に設置して、
もう少し図などを書いて説明してほしかった。

その後そこで二宮方向に行く人を
鴨宮方面に案内してくれてる人がいたけど、
関係者ではなく自主的にやってたみたいなので、
やはりこのあたりもう少しなんとかしてほしかった。

地元の人も知らない人がいたくらいですし。


ところでこれを読んで気がつかれた方もいると思いますが、
ようするに国府津海岸のひとつの名物だった、
「あの」階段が無くなったということ。

a13.jpg

もうこの階段存在してません。

その付近は
a12.jpg
のようになってました。

どうも昨年秋に撤去工事がされていたようです。

安全上しかたないですが、
道は塞ぐとしても、
階段くらいはちょっとだけでも残しておいてほしかったです。

聖地も永遠ではないというひとつのそれでした。

とりたてて有名なところではない、
日常の風景を聖地にしてしまう傾向のあるアニメだけに、
大洗もそうですが、
これからこういうことが増えていくと思います。

初日の出の高揚感と、
聖地の変化の寂しさとが混ざった、
いつもとは違う元日でした。

最後に初日の出。
a11.jpg

雲がかかっていたけど、
房総半島越しにでてくるこれは、
なかなかのものがあります。

今年がよりよい年であることを祈って、〆。

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

富士山いろいろ [小さな旅(Japan small travel)]

今まで写した富士山のまとめみたいなもの。

横浜市街から
af11.jpg

鎌倉由比ヶ浜海岸
af08.jpg

江ノ島外道から
af05.jpg

江ノ島岩場から
af06.jpg

曽我梅林から
af04.jpg

東海道新幹線三島~新富士間
a22.jpg

三保の松原から
a03.jpg

江浦医源寺から
aura00.jpg

内浦から
af12.jpg

そして小さくて分かりにくいけど埼玉県鷲宮駅から。
af01.jpg

このとき、
鷲宮から見えるのなら大洗からも見えるのでは?

と思ってるがいまだそれは果たせていない。

銚子の犬吠にある「地球の丸く見える丘展望館」からも
かなり小さいけど見えるというので、
けっこう厳しいかもしれないけどどうだろう。

はたして大洗から富士山を観ることはできるのか。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

江の島シーキャンドルライトアップ [小さな旅(Japan small travel)]

詳細は
http://enoshima-seacandle.jp/event/2015/shonannohouseki/lightup.html

たいへん混んでましたが、
特に展望台(シーキャンドル)は大行列で<
いつ入れます事やらです。

自分は高いところがダメなので別に関係ないのですが…。

a001.jpg
a002.jpg
a003.jpg
a004.jpg
a005.jpg
a006.jpg
a007.jpg
a008.jpg
a010[.jpg

特に17時と同時にいきなりイルミネーションが一斉につく瞬間は見ものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

高尾山に行く [小さな旅(Japan small travel)]

高尾山は今月いっぱい「もみじ祭り」ということで、
ひさしぶりに行ってみた。

のんびりとケーブルカーでみる紅葉も悪くないということで。

高尾山口駅前

a02.jpg
a01.jpg

なかなかいいかんじで天気も最高、
これならばとケーブルカー乗り場へ向かうが…。

a03.jpg

「あんこう祭り再び!」

と叫びたくなるような大混雑。

土日は二時間待ちになることもあるというけど、
平日の午前中でこれというのはさすがにビックリ。

けっきょく上りも下りも足で行かせていただきました。

ただなかなかいい色づきで、
落葉と紅葉が同時進行しているという、
そんなかんじになっています。

a04.jpg

これは都心方向を途中からみたもので、
もう少し視界があればスカイツリーも見えるとか。
a05.jpg

a06.jpg
a07.jpg

高尾山頂上付近から富士山方向をみる。
この写真ではやや左よりの山と山の間から、
天気のいいときはみえるということらしいのですが、
この日は富士山付近は雲で覆われていて、
雪なのか雲なのかちょっと判別つかないかんじでした。
a09.jpg

と、こんなかんじです。


とにかくどこもかしこも混んでました。

リフトも長蛇の列ができていましたし、
薬王院から山頂へ向かう一本道は、
朝の出勤ラッシュのようでした。

これから天気のいいときは、
しばらくこういう状態が続くようです。

混んではいましたけど、なかなかの一日でした。


しかし外国からの観光客がここも多いです。

そして日本人は年配の方゜が多い。

これからはどこの観光地も、
どんどんこうなっていくんでしょうね。
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 小さな旅(Japan small travel) ブログトップ